2009年02月02日

100年に一度の不況

去年の10月以降アメリカから始まった経済の破綻
世界中がパニック 日本でも円高 派遣労働者の解雇 倒産
100年に一度の不況だそうです。

我々の建設業界は、何年も前から公共工事の削減 民間工事の
減少で、厳しい状況は変わらない。
今に始まった事ではないと思っていた。

しかし先輩経営者の話を聞くと、こんな事は初めて
バブル崩壊の時でもこんな事は無かったと言っていました。
「まあ戦後の食べ物がなかった事を思えば・・・」納得

我社も一、二年改めて人 物 金を見直し、どの様な状況でも対応
出来る柔軟で強い会社にしなければならないと思う。
posted by 高谷耕治 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テーマ「変」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック